TOP

青の洞窟の神秘を見に行きませんか?沖縄、青の洞窟の紹介です。
沖縄といえば、美しい海です。これは皆様ご承知の通りかと思いますが、その沖縄の海の美しさを最大限に堪能できる青の洞窟をご存知ですか?

ダイビングをを開始するには、最初にやるべきことはダイバー独自に7点セットと名付けられているスノーケル、マスク、フィン、加えてスーツ、グローブ、ブーツ、メッシュバッグは買った方が安心できると思います。
那覇市から西へ約15km行ったところにあるチービシ環礁はナガンヌ島とクエフ島、神山島という3つの島で構成され、最も面積の大きい島が渡嘉敷村のナガンヌ島。壮観な対照的な風景を見せる見応えのある島です。
多くの人が訪れる「青の洞窟」とトライアルダイビングを合体させたコースです。シュノーケルで海底を覗いた人の「一度は実際に潜ってみたい!」という切なるリクエストが多く聞こえたので考案しました。
ダイバー専門店の数件では何も持たずにダイビングをしていただけることを目標に、器材やその他の保管場所の提供をやっています。海に潜る時は手ぶらで十分です。
抜群の知名度の「青の洞窟」と初体験ダイビングを併せたクラスです。シュノーケルで海底を覗いた人の「こんな経験はできないから一度は潜水してみたい!」と言う希望が沢山あったのでセッティングしました。
トライアルダイビングはプロ講師の連携で軽く体験できるステージです。気さくにダイビングをエンジョイするために大切なテクニックを身に付けていただきます。
心が落ち着く潮騒を耳にしながら時間を気にせずに散策するかけがえのない時間を満喫できるほか、様々なマリンスポーツにエコロジーツアーなどもお楽しみいただけます。
ダイビングを開始するにあたり、最初にダイバー用7点セットと言われているスノーケル、マスク、フィン、更にはスーツ、グローブ、ブーツ、メッシュバッグは揃えておいた方が安心できると思います。
3~4人で家族的なサービス、落ち着いた満足できるダイビングを目指しますのでどんな方でも軽い気持ちでおいでください。
わが国では人気の沖縄がダイビングの総本山と称してもおかしくありません。華麗なサンゴ礁を回遊するダイビングはその他の場所とは天秤にかけられない希少性の高いものです。
水に潜る時の保温、保護の役目を果たすボディスーツは、その効果を高めることが目的なので、出来るだけご自身だけのダイビング用スーツを手にすることをご検討ください。
神秘的なマングローブの林を冒険。穏やかなマングローブに行く森林ツアー。スピードボートで移動しながら沖縄のマングローブ(海漂林)の興味深い林を鑑賞しませんか?
この前開かれた人気上々の夏祭りin那覇、汗だくで踊るエイサーをじっくり鑑賞しました!この度の開催はお店が集中している那覇市国際通りで夏の期間行われます。
流行のウェイクボードという遊びは水上版のスノーボードという例えがぴったりです。内容は水上スキーに似ていて、スピードボードで引っ張られながら海面などを滑るのが特徴のスポーツです。
沖縄本島北部に位置するやんばるの森では幼少期、嬉しい夏休みに郷里で楽しんだ懐かしい原風景が鮮やかに蘇ります。頭の先からずぶぬれになって汚れるのも構わずに泥んこになって熱中していた宝物のような日々。

青の洞窟とは、沖縄本島中部にある恩納村真栄田岬にある洞窟の事ですが、その内部は、水面が青く輝きとても美しく神秘的な洞窟です。青の洞窟の神秘的な光景は、どうやって作り出されているのでしょう。洞窟内部の海底は白い石灰岩で構成されている為、洞窟に太陽光が差し込み海底に反射する事によって、その素晴らしい光景を作り出しています。
ですから、太陽が出ている時間帯ならば、青の洞窟の神秘的な光景はいつでも見る事が出来るのです。また、青の洞窟の神秘的な光景に彩を更に添えるのが、そこに住む色とりどりの魚の大群です。誰しも、「青く輝く洞窟で色鮮やかな魚と一緒に泳ぎたい!」と考えるでしょう。

これらの願いを、手軽にシュノーケリングやダイビングのツアーで楽しめるとあって、青の洞窟は沖縄の大人気スポットなのです。那覇空港からも、車で1時間程で訪れる事が出来るので、「到着した日に、まずは青の洞窟でシュノーケリング&ダイビング」なんて事も可能です。各社が様々なプランを準備しており、また値段もお手頃という事もあり、沖縄旅行のプランの中に、是非青の洞窟を検討して頂けたらと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>