カテゴリー別アーカイブ: 未分類

海の透明度

那覇の近海を潜水する場合に候補に挙がるのは何と言ってもチービシエリアになります。思っているより初心者の方でも安心のポイントが連なり、割と簡単にボートダイビング体験が可能です。

評判のウェイクボードというウォータースポーツは水上のスノーボードとも言われています。内容は水上スキーと同じスタイルで、スピードボードで牽引してもらい湖面などを滑るのが特徴のウォータースポーツです。

沖縄を旅するならまず海!数種類の青色に色づいた海の中を、南国特有の色とりどりでかわいらしい魚たちとたわむれる体験はずっと忘れられない感動的な経験になるでしょう。

体力的に考えても、ダイビングにはお年のきまりは全くありません。喜寿を過ぎているのにダイビングを生活に取り入れている方は随分いらっしゃいますよ。

海から上がれば陸地でも年がら年中強風の吹く沖縄ですが、秋と冬は一層荒れ、海上では尚のこと風を感じますので、体調を崩さないよう注意を払ってくださいね。

ビギナーからベテランまで、主要な若者のダイバーに気に入って貰える場所の豊富性も魅力の要因となっています。

沖縄本島に存在する無垢の自然を訪れるアウトドアの旅。シーカヤックで誰もいない島を目指したり、ジャングルで勢いよく滝壺に飛び込んだりと豪快な自然を味わえます。

シュノーケリングを体験して衝撃的だったのは海の透明度!「えーっと、ここプール?」と見まがうほど全てがはっきりと視認できました。

ダイビング購入を受ける際には、講習費用だけではなくプールでの実習費用や教材費用、海に移動してからの実習に絶対必要な施設の利用料、海に向かうための交通費やホテル代、更にはレンタル器材代などが請求されます。

どこまでも青い海、きらめくように白い砂浜で開放感あふれるマリンスポーツを楽しもう!白い水しぶきをあげて激しく駆けまわるジェットスキー、鳥のように飛ぶパラセーリング、気軽に楽しめるバナナボート、どれもオススメです。

「ウォータースポーツはやっぱり自分で選びたいな」とお考えの皆様にご満足いただけるよう、料金に適応したフリーチョイスメニューも開始しました。

那覇のすぐ近くに存在する港より朝方出て、ダイビングボートを頼んで慶良間近海のポインに行って、素晴らしいダイビングを2~3回行ってから、日没までには宿に戻るパターンが好まれます。

紅樹林を観る。穏やかなマングローブを探る生命に満ちたジャングルツアー。速いスピードボートで沖縄のマングローブ(海漂林)の謎に満ちた林を観ませんか?

ダイビングの初めの一歩を着実に把握していただきます。講習のスケジュールや器材関係、掛かる費用には何が含まれるのかなど、あなたの欲しい情報を理解しやすいように紹介します。

野生のマークを捕えながら足を運ぶナチュラル・ナビゲーションや「スクーバセクスタント(六分儀)」を駆使する技術を含めて学習します。